蛇屋トップページへ
 店主挨拶
当店のHPを御覧頂きまして誠にありがとう御座います。

当店では国内外のブリーダーより、より良い品々を日本の爬虫類好きの方にご提供できる様、試行錯誤を繰り返し日々頑張っております。

得意としているのは大型のボア、パイソンであります。
店主自身が大の大蛇好きで、大蛇は幼少の頃より触れてきた大切なパートナーと感じております。

現在はボアコンストリクターやバーミズ、アミメ、アメジスト等魅力溢れる大蛇達は「特定動物」扱いされてしまい、飼育には大変面倒な手続きが必要になってしまいました。この事については日本全国の大蛇好きの方はガッカリとしたことでしょう。今後これ以上「特定動物」の種類が増えないことを祈ると共に、マナー有る管理を守っていって欲しいと願うばかりです。

当店では飼養施設の認可の取り方から、必要書類、記入例までご用意しております。最近は許可の取得事例も増えてきており、ある程度の目安が出来てきております。難しい事は特にありませんので、今後「特定動物」の購入を考えている方は是非ご相談頂きたいと思っています。

一昔前ホシガメの人気により大量のホシガメが輸入されました。そして正規輸入以上の数のホシガメが密輸されていました。この様な事があると、正規輸入の生き物を飼っていても、白い目で見られる事も多くなってしまうのは、大変悲しい事です。

そしてホシガメブームより10年以上が経ち、今尚生きているのは何頭いるのか不思議になってしまいます。あれだけのホシガメが流通していながら現在飼っている人があまりにも少ないからです。エリマキトカゲやグリーンイグアナも飼い切った方は1パーセントもいない気がします。

この様にブームとは怖いもので、乱獲から絶滅の危機まで発展します。スッポンモドキも別に川にウジャウジャいるわけじゃないのに可愛らしい顔つきと珍しさから乱獲され、大量に販売されておりました。珍しさが無くなってくると価格の下落が起き、販売状況が悪化して非常に雑な扱いを受けていた姿を目にしたものです。

そして乱獲による野生個体の減少からまたサイテス種が増えるわけです。このような事が未だに繰り返され今後もサイテス種が緩和される事が無くなってしまうようでとても嫌な気分になります。種類が違うとは言っても政府からしたらペットはペット。「飼育なんかするからだぁ〜〜!!!輸入も飼育も全部禁止!!!」なんて事になってしまう日が来てしまうかもしれません。

乱獲され雑な扱いを受ける生き物が可哀相なのは当然ですが、ブームの前から飼ってたのに、ブームが終わるとなんかダサイ感じに見られてしまう事が残念です。販売した以上、誇りを持って我が子のように可愛がってあげる事が出来る世の中であって欲しいと思います。

当然多くの人達がサイテスが緩和しないかなぁ〜〜と首を長くして待っているのです。サイテス1種に記載されていても海外では普通に殖やされている魅力多き種類もたくさんいます。デュメリルグランドボアやマダガスカルグランドボア、アルゼンチンボア、セイロンパイソンなんかもアメリカでは普通に販売されています。

ワシントン条約は国間の輸送規制ですので、現地では食用になっている場合もあるのに、大切に飼育したい外国人の所へは持っていけないのです。絶滅しないように守る為には全く役に立たないキマリなのです。それなのに年々該当種が増えていくのは納得出来ないのは当然です。

まぁ今になってしまえば後の祭りであり、何を言っても持って来れないので、輸入出来る中で楽しんでもらうしかないのですが、幸運にも蛇は改良品種が多く作られている部類だと思います。毎年のように新しい色柄のタイプが作り出され人々の目を楽しませ興奮させているのは事実です。そしてそれは野生個体ではなく養殖個体なのです。

手に入らない種類が欲しいと感じる方が多いのも趣味と言う世界ではしょうがない事ではありますが、地味だと感じていた種類でも、よくよく観察してみると意外な魅力を見出す事もあるでしょう。ノーマルの色合いでも心にトキメク色柄もあるものです。是非自分好みの個体を発見した時のワクワクをいつまでも楽しめる趣味であって欲しいと願うばかりでございます。

心にトキメイタ種類がたまたま高価な個体であった場合にはしょうがありません。頑張って働くしかないでしょう。10年後には激安で販売されているかもしれない、ダサいと思われるかもしれない、それでも自分だけは目に入れても痛くないくらい愛していてビビッと来たら我が子に迎える決断です。

最近、服が擦り切れてきて、穴の開いてない靴下を探すのが段々大変になってきたり、髪もヒゲも伸び放題になってきて、気づいたらボーズからロンゲのナウイ感じになっていたのと反比例して、プラケースが新品になったり、ウッドチップを贅沢に使用したり、蛇の飼育ゲージがガラス製にグレートアップして個体数増えてきたのは気のせいでは無い感じが致します。

昔から夢中になると周りが見えなくなってしまう性格で、先生にはよく怒られたり呆れられたりしたものです。流行にも全く左右されませんのでスラムダンクもドラゴンボールも見た事が無いし、当然プレステも持っていないので色々とあーだこーだ言われましたが、自分の選んだ道をひたすら真っ直ぐ歩んできました。お陰で今こうして蛇達と触れ合いながら、ご飯を食べれるという素晴らしい生活ができているので皆様に感謝感謝、蛇にシェーシェーです。

これからも皆様のご期待に応えられる様、良い品を安心して買えるお店として頑張って行きたいと思います。


ボア・パイソン / ナミヘビ / エサ / 飼育器具
ご注文方法 / お支払方法について / 送料について / 到着保障ついて / 訪問販売法表記


monsters keeper 蛇屋 〒004-0865 北海道札幌市清田区北野5条2丁目6-15 アイランドやまがみ内
TEL: 011-555-8292  FAX: 011-558-5388 Eメール: info@monsterskeeper.com
Copyright (c) monsters keeper HEBIYA, All Rights Reserved.